水溶性食物繊維

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維と、食物繊維には二つのタイプがあります。そのまま水に溶けにくいものと、水に溶けやすいものです。ワンちゃんの腸内環境のことを考えるのなら、ただ食物繊維ということではなくて、腸内環境を良くしたい目的では、水溶性食物繊維を与えるようにしたいものです。水溶性食物繊維は、水に溶けてくれて便を柔らかくしてくれます。そして、水溶性食物繊維には、善玉菌の餌になることができるというメリットがあります。

水溶性食物繊維は腸内細菌に分解されやすい、といった特徴を持ち、 細かく分解されることによって、善玉菌が食べやすくなります。善玉菌が増えることで、ワンちゃんの腸内環境が整い、ワンちゃんは間違いなく長生きできるようになります。

それは、人参や、ゴボウ、アボガドなどに含まれている成分であり、みなさんの食べさせてあげているドッグフードには含まれていないかもしれません。良くチェックをして、成分として含まれてないなら、細かく刻んでワンちゃんに与えるのも方法の一つです。

更にワンちゃんの糖尿病の予防や動脈硬化の予防にも貢献してくれるのです。買い主さんは、ワンちゃんに対して、その程度の愛情を注ぐ必要があるのではないでしょうか。