水溶性食物繊維

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維と、食物繊維には二つのタイプがあります。そのまま水に溶けにくいものと、水に溶けやすいものです。ワンちゃんの腸内環境のことを考えるのなら、ただ食物繊維ということではなくて、腸内環境を良くしたい目的では、水溶性食物繊維を与えるようにしたいものです。水溶性食物繊維は、水に溶けてくれて便を柔らかくしてくれます。そして、水溶性食物繊維には、善玉菌の餌になることができるというメリットがあります。

水溶性食物繊維は腸内細菌に分解されやすい、といった特徴を持ち、 細かく分解されることによって、善玉菌が食べやすくなります。善玉菌が増えることで、ワンちゃんの腸内環境が整い、ワンちゃんは間違いなく長生きできるようになります。

それは、人参や、ゴボウ、アボガドなどに含まれている成分であり、みなさんの食べさせてあげているドッグフードには含まれていないかもしれません。良くチェックをして、成分として含まれてないなら、細かく刻んでワンちゃんに与えるのも方法の一つです。

更にワンちゃんの糖尿病の予防や動脈硬化の予防にも貢献してくれるのです。買い主さんは、ワンちゃんに対して、その程度の愛情を注ぐ必要があるのではないでしょうか。

食物繊維

あなたが与えているドッグフードはワンちゃんにあってないモノかもしれません。 ワンちゃんの腸内環境が悪いというのは、腸内で悪玉菌が活性化しているという意味です。ワンちゃんは、そのとき、食事をうまく消化できなかったりし、更に便に食べ物の匂いが残り、食糞をしたり、軟便だったりもします。更に抜け毛やアレルギー、皮膚疾患、内臓疾患、癌など様々な要因を作りだしてしまうリスクを抱えています。

そのとき、熱にも酸にも強いと言われている酵素を超えた酵素・エンザミンが、不足している酵素を補ってくれます。そして、更に腸内バランスを整えてくれる乳酸菌の餌となるべきオリゴ糖を摂取すれば、理想のパワーを期待することができます。

ワンちゃんの腸内環境を整えてくれるドッグフードってそもそも存在しているのでしょうか。そのようなものがあれば、ワンちゃんの健康のことをいちいち考える面倒くささからも解消されることができます。

食物繊維が含まれているドッグフードというものはあります。できれば、愛するワンちゃんには、そのようなドッグフードを与えてあげたいものです。食物繊維と一言で言うものの、そこには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の二つのタイプがあります。